• 阿部節子

小平 一橋学園 クラリネット教室ブログはじめました!

最終更新: 2019年12月19日

今日は記念すべき日です! ブログを始めた日でもあり、ラグビーW杯が日本で行われ、

南アフリカ vs イングランドの決勝があり南アフリカが優勝。盛り上がりましたね !しかし南アフリカ強かったですね!


子供達の間でもラグビーが流行っていて、試合前に踊るハカを真似て踊ったり、普通のボールでラグビーをしてみたりと楽しそうです。私もラグビーをTVで見る機会があってからですが、ラグビーファンになりました!

ラグビー人気はうなぎのぼりですね! きっと習う子供達も増えたと思います!


ゲームとしても勝利のために皆が一団となって戦うスポーツなので多くの経営者の方々がラグビーから学び、ラグビーの様な組織づくりを目指されているとお聞きしたことがあります。



さて 音楽の世界でも、オーケストラ、や吹奏楽も同じ様に音楽を作り上げるために

指揮者を中心にチームワークを大事にします。

音程やリズムを合わせたり 職人さんの様にあれこれ考えながら演奏しています。

他のパートの音を聞いて私の音高くないかな?とかハーモニとして

よく合っているかな等。

練習やリハーサルの時に よく木管パートで合わせたり、色々調整します。


なので余談になりますが、日常の生活の中でも音が気になります(笑)

カフェで友達とお茶していても、お店で流れてる音楽が気になって

聴き入ってしまい、今何話してた?なんて事もよくあります。

気をつけてますが。。。


先日 NSO Japan ( Non Strings Orchestra 弦楽器パートを全てクラリネットというオーケストラ)の演奏会が神戸てあったのですが、リハーサルでは テンポだったり、音のバランス、ソロパートが演奏しやすい様に細かく調整します。と言っても全て言葉で説明するときもありますが、耳で聞いて調整という事も多々。


音符という音で表現するので、オーケストラの曲の中で例えばオーボエがソロで奏でる箇所があるとすると、オーボエ奏者が表現したい様に音が聞こえてくるのでそれに合わせて

会話をしている様な感覚です。


毎回本番は緊張しますが、それが緊張して演奏できないという緊張ではなく

緊張感を持って集中するという、本番ならではの楽しさがあります!

演奏しながら感動して鳥肌立っている時もありますよ!


先日の演奏会は録音もしたので、CDが出来るのを今からとっても楽しみにしています!


どの世界でもチームワーク大切ですね! 





60回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

営業時間

 

15:00〜20:00

時間割に準ず 休業

 

所在地

 

東京都小平市

​自宅教室のため

詳細場所は個別にお知らせ致します。

mail: info@clarinet-tokyo.com